有酸素運動の領域に入る距離と時間

今回は特に40代以上の働き盛りの男性向けのお話になるのですが、この時期は会社勤めの方は健康診断の時期だと思います。人によっても体質が違いますので診断結果は異なりますが、しかし往々にして40代になると自然と新陳代謝が弱まってきてしまいますので体内に脂肪が溜まりやすく太りやすくもなってしまいます。ですので毎年の健康診断でも少しずつ体脂肪や体重が増えて行ってしまってメタボに近づいてしまう方が多いと思います。

また昔から働き盛りの40代と言いますので朝から晩までお仕事が忙しく、食事も不規則で運動をする時間もなかなか取れない現実もあると思います。

そんな方にオススメなのが帰宅時に最寄駅の一つ先のえきから歩くと言うことです。JRや私鉄によっても異なるかと思いますが、だいたい一つ先の駅と言うとおおよそ1~3キロ位ではないかと思います。そうすると時間にして30分前後だと思います。ギリギリ有酸素運動の領域に入る距離と時間ではありますが、ここで大切なのは継続をして継続すると言う事ですので、基本的に毎日出来ることを選ばないといけません。

そう考えると無理をしてスポーツジムの契約をしても仕事の都合で継続しない場合が多く、色々と消去していくと毎日家には帰らないといけないので、半ば強制的にでも一つ前の駅で降りれば歩いて帰らないといけませんので昔から「チリも積もれば山となる」と言いますが何もしないで「いつか運動を始めるから今はいいや」と思って何もしない人に比べたら全然結果ぎ違ってきます。

また今回帰宅時と書かせていただきましたが勿論朝に歩く時間がある人は朝でも構いません。しかし朝は準備が忙しくて時間が無いかたも多いですので精神的に落ち着いている夕方の方が気分も良く歩けると思います。またお仕事のストレスを家に持ち込まない為にも歩く事はストレス発散にもなりますのでご自身の精神衛生上にも良い事ですし家族の皆さまもハッピーとなる事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です