知的所有権
「知的所有権」とは? 「知的所有権」の概要説明や関連するオンライン生活の話題を紹介します。

最近何かと話題になる知的所有権とは、発明や意匠、商標、サービスマーク、小説、音楽などの財産的価値のある情報(知的財産)を保護する権利を意味しています。具体的には特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権がそれに該当します。 知的所有権の話題に入るところで、車とか合コンとかあれもこれも色々と買いすぎでお金がなくて困っているのですが、お金に関するいろいろなネットサービスをうまくつかえば、かなり厳しい場面をしのぐことができそうです。実際、友人が10%以下の低金利や長期間無利息キャッシングで成功しています。それでもアルバイトだけではダメなので、そろそろ就職したいなあとも思っているのですが、周囲の友人たちをみていても、やはりかなりたくさんの情報がある就職サイト登録しているようなのでこれからがんばってみようと考えています。

企業会計制度  人気の職業
市場戦略  最先端の職業
知的所有権については最近特にトピック的な扱いが進んできている印象ですね。これからの時代、トレンディな話題についてはいつも勉強が必要なようですね。 知的所有権は、所有権などの有体物を保護する物権とは異なり、情報という無体物を保護する権利であることが大きな特徴となります。キーワードとしては、「先願主義/先発明主義」「情報公開法と著作権」「知的所有権担保融資」「特許審査基準」「均等論」「著作隣接権(neighboring right)」「知的所有権訴訟費用保険」「サービスマーク(service mark)」「営業秘密(trade secret)」「不正競争防止法」などがあると思います。 さてさて、知的所有権について考えていたら、その前に、片付けておかなくてはいけないことが、いっぱいあるんです。先日から友人に、安くてそれもかなり激安で高性能なパソコンを探してくれと頼まれていて、まずは自分で買ってみようと思って、半信半疑ながら通販のショップパソコン結局は大成功でした。DVD作成やゲームなどかなり使えます。これまで使っていたのが某有名メーカのあれ(さすがに名前は出せない)なんですが、それと比べても、まったく劣らないもので価格をみたらその違いにメチャ驚きました。詳しい人にそのことを話したら、パソコンは何処も同じ部品使っているらしく、従って性能も似たり寄ったりで、ブランドだけで値段の高いものには要注意した方がよいみたいですね。

 戻る