地方行政と地方分権

「地方行政」 「地方分権」の説明や関連するオンライン生活の話題を紹介します。

地方分権とは、地域の問題を私たちに最も身近な地方公共団体である県や市町村で解決できるように、行政の仕組みを変えることにつながるのですね。ただし、財政的な裏づけがなければ単なる理想論におわってしまいそうです。だから、地方が独立した財源を確保する必要がありそうです。また、そもそも「分権」とは、人間というものは、権力を握ると必ずそれを濫用するおそれがあるので、権力を複数の機関に分割して、互いに抑制・均衡させることで、権力の暴走を押さえようという仕組みであるのです。 さてと、地方分権についていろいろと考えていた、重要なことを思い出してしまいました。地方行政もいいけれど、実のところはいま就職問題が急場で、分権制度なんかにかまっている暇もないくらいなんです。それというのも、面接にて英語がネックと言われてしまい、短期間でレベルアップしなくてはいけないわけ。今のところ、英語の得意な友人がみつけてくれた英語学習法を使っているのですが、ちょうど自分のレベルに合っていたのか、ラクな割には短期間でもものになりそうな手ごたえを感じています。これはかなりいけそうな予感です。 日本を近代化し、先進諸国への仲間入りを実現するためには、権限・財源を国に集中し、その目標に適合するように地方自治体をコントロールする「中央集権」型の行政システムが効果的であったことは否定できません。しかし、それももう過去の話、住民ニーズの多様化・高度化を踏まえた個性豊かな地域づくりや高齢・少子化社会への対応など、重大な課題を解決するためには、画一性や効率性を重視する「中央集権」型の行政システムから、住民・地域からボトムアップしていく行政システムに転換するために「地方分権」が求められているようです。

地方分権制度のことでは、友人の間でもかなりの評判ですね。やはりこれからの時代、情報をおさえておかないと、日常生活でもかっこの悪い思いをしそうで怖いものがありますね。 ちょっとここでまたまたお勉強の話題ですが。お勉強といってもホームページを作って女の子にもてることを考えなくてはいけないご時世のようです。今時、カッコの良いHPもっていないとちょっと恥ずかし。そんなこともできないのかと思われたくないし。そこで、最初は激安なレンタルサーバを見つけたのですが、そこが勝手に値上げされてしまい、やはり信用のおけない業者はだめだなあと実感しています。その後、色々と試して今は、性能と価格のバランスの良いものを自分なりにセレクトしてやっています。