古墳と遺跡
「古墳と遺跡」とは? 「古墳と遺跡」の概要説明や関連するオンライン生活の話題を紹介します。

墳丘のみならず、周溝、周堤、土橋、葺石、墳丘内外に置かれた埴輪・供献土器等の遺構・遺物が一体となって墓域を構成していたものです。キーワードとしては、「纏向石塚古墳」「箸墓古墳」「黒塚古墳」「青龍三年銘鏡出土の大田南五号墳」「景初四年銘・盤竜鏡」「権現山古墳群51号墳」「長原遺跡の船形埴輪」「明ケ島古墳の土製模造品」「伊興遺跡出土の船材」「継体天皇陵」などがありますね。 古墳と遺跡の話題に入るところで、車とか合コンとかあれもこれも色々と買いすぎでお金がなくて困っているのですが、お金に関するいろいろなネットサービスをうまくつかえば、かなり厳しい場面をしのぐことができそうです。実際、友人が10%以下の低金利や長期間無利息キャッシングで成功しています。それでもアルバイトだけではダメなので、そろそろ就職したいなあとも思っているのですが、周囲の友人たちをみていても、やはりかなりたくさんの情報がある就職サイト登録しているようなのでこれからがんばってみようと考えています。

文化庁のホームページ
哲学と現代思想  弥生時代と考古学
飛鳥・奈良・平安  記号学
古墳と遺跡については最近特にトピック的な扱いが進んできている印象ですね。これからの時代、トレンディな話題についてはいつも勉強が必要なようですね。 世界の遺跡にもいろいろな物がありますが、現在興味があるのは、「河南省・西山遺跡」「良渚遺跡群」「楽浪遺跡」「鳳凰台遺跡」「広開土王碑」「光州市の前方後円墳」「三星堆遺跡」「秦始皇兵馬俑坑」「渭橋の橋脚跡」「馬王堆漢墓」などです。この他には、「束明神古墳」「藤ノ木古墳」「キトラ古墳の彩色壁画」「黒井峯遺跡」「沖ノ島遺跡」「エジプトの神殿型遺構」「パルミラ遺跡」「慶州市仁旺洞積石塚」「新安沖海底沈没船」「尼雅遺跡」あたりが思い浮かびます。 さてさて、古墳と遺跡について考えていたら、その前に、片付けておかなくてはいけないことが、いっぱいあるんです。先日から友人に、安くてそれもかなり激安で高性能なパソコンを探してくれと頼まれていて、まずは自分で買ってみようと思って、半信半疑ながら通販のショップパソコン結局は大成功でした。DVD作成やゲームなどかなり使えます。これまで使っていたのが某有名メーカのあれ(さすがに名前は出せない)なんですが、それと比べても、まったく劣らないもので価格をみたらその違いにメチャ驚きました。詳しい人にそのことを話したら、パソコンは何処も同じ部品使っているらしく、従って性能も似たり寄ったりで、ブランドだけで値段の高いものには要注意した方がよいみたいですね。


古墳と歴史に関する有力ブログ
八幡周辺の遺跡発掘調査風景→音羽川の桜並木風景/日本建築みどころ事典/冠稲荷神社(群馬県太田市)/遥か飛鳥へ・・/西都原へ/伊賀の国〜/道明寺天満宮/奈良の古墳めぐり・・その2/古墳ツアー^^/狐塚/キトラ古墳 白虎公開へ/まるっと銚子塚古墳/石舞台古墳

 戻る